読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ともしび

嵐 ももいろクローバーZ がすきです その他日々のできごとについて Twitter @asumixxxamnos

『AMARANTHUS』“どの色が欠けてもこの夢の続きは描けないから”

mcz
ももいろクローバーZ 3rdアルバム『AMARANTHUS』初回盤を買いました。初回盤には「WE ARE BORN」と「モノクロデッサン」のMVと、アルバム制作のドキュメンタリーを収録したBlu-rayが付いています。
 
 
 
この、ドキュメンタリーが、とっても良くて。
ファンじゃない人で、このアルバムを聴いてみようかな、って人は、通常盤のCDだけをレンタルするより、ちょっと手間でも、知り合いのももクロファンに初回盤を借りるのがいいと思います。(ここで初回盤を自分で買うべきとまでは言えない…もちろん買って後悔させない作品だと思うけれど、なにせ3rdと4thの初回盤2枚買うと漱石さん8人いなくなるから…ファン以外にはやっぱりハードルたかいよねと思う)とにかく、興味があったらなんとかしてみてほしい!
 
 
 
どこがいいかというと、ちょっと話が逸れるんですが、去年上映されたPerfumeのドキュメンタリーがとても上質な出来だったことをいちど思い出していただきたいです。あれに、ドキュメンタリーとしてのスタンスが近い気がする、って表現で合ってるかなあ? あの映画で立ち現れたものは、「等身大の20代の女性3人が職人さんのような誠実さで仕事に向かう姿と、3人含め周囲にいる仕事人のチームとしての真摯な姿」だとわたしは受け止めました。対して、このドキュメンタリーがどうかというと、「等身大の平均年齢20歳の女の子5人が目の前の仕事にひたむきに挑む姿と、周囲の大人たちがチームとしてひとつの作品をどう完成させるかを追った記録」だと思う。夏菜子の「許す!」という言葉、しおりんの「5人がいいねと言われたい」発言、あーりんのブレない仕事ぶり(推してる身としては、直近のブログのような揺らぎをその内に秘めていると知ると尚のこと愛おしい)、杏果の苦悩と決断、れにちゃんの独自の価値観…どれも皆「意外な素顔」ではない。イメージ通りっちゃ、イメージ通り。でも、本当にそうなんだ、って知れて、嬉しい。みせてくれてありがとう、ってじわじわ感動しながら思いました。ドキュメンタリーを観ることで、制作の追体験をできるような作りになっていて、アルバムに愛着がすごく湧いた。
 
 
 
で、肝心の楽曲ですが、…良い! 全体的に!
全体的にって超ざっくりしてるけど、コンセプトアルバムとして前作の『5TH DIMENTION』の比じゃないまとまり具合で、ももクロの現在地はここまできたんだな、と驚きました。このまとまりがどこから来てるのかなって考えたときに、宮本氏のディレクションはもちろんのこと、5人の声の力がやっぱり強いんじゃないのかなと思う。5人の声は、フォーク村で毎月鍛えられてきたからなのか、どんどん歌声としての力強さを増している。もちろん、上手い下手でいえば、横一列ではないのは確かですが。
 
 
 
ファンとしては、その全体的な完成度の高さが嬉しいのと同時に、特に惹かれる曲を挙げるとしたら、「武陵桃源なかよし物語」かなあ。ドキュメンタリーのこの曲の部分、どうしてもにやにやを抑えられなかった。だって、そうだよね? 「俺のあーりん」って、彼が言うんだよ? ももたまいのケンカからはじまる仲直り曲なんて、前山田さんにしか作れないよね!
元ファンには、「モノクロデッサン」一曲だけでいいから、いま聴いてほしい。メンバーカラーをそのまま色として歌詞に落とし込む、それはアプローチとして今までなかったはずなのに、わたしたちはももクロをずっとこういうふうにみてきたのじゃなかったっけ。ももクロにこういう思いを託してきた。そして彼女たちが応えてくれるのが嬉しかった。ももクロのこういうところ、昔から、だから好きだったんだ。
 
 
 
2016年、もうすぐ春を迎える、ももクロの「いま」が詰まった素敵なアルバムです。
 
 
 

ダイアリーをブログへ移行しました

murmur

思ったより簡単でした

アドレスのyellowは二宮さん

pinkはあーりん

放置しないようにがんばるぞ

ムーミン、を、読んでいます

murmur

小説は、9冊刊行されているんですね
巷にはキャラクターグッズが溢れているけれど(私もミニタオルをもっています)、そういえば原作は読んだことがなく、有名なキャラクターたちをおぼろげに知っているだけでした
児童文学なので、出会う人は小学生の頃に出会うのでしょうが、私はそのタイミングでは出会わず
でもこれが、なかなかどうして、大人が読んでも充分すぎる読み応え



いまさら興味をもったのは、書店で、すてきな装丁に惹かれたからです
2014年が原作者トーベ・ヤンソンの生誕100周年であることを記念して出された、講談社文庫の限定スペシャルカバー版、とのこと
こちら↓

新装版 ムーミン谷の彗星 (講談社文庫)

新装版 ムーミン谷の彗星 (講談社文庫)

はてなのリンク貼るの久しぶりすぎて、合ってるのか不安)
表紙になっているシーン、幻想的で、美しくて、ああ児童文学ってこうだった…想像力を掻き立てる圧倒的な世界観…って、読みながら感動してしまった
迫りくる彗星、つまり脅威に対して、その孤独を捉えるところも、はっとさせられます



新装版 たのしいムーミン一家 (講談社文庫)

新装版 たのしいムーミン一家 (講談社文庫)

この「たのしいムーミン一家」ってタイトル、そうなんだけど、たのしいムーミン一家なんだけど、だけど…! って、もどかしくなるくらい、児童文学というくくりで読者を選んでしまうのが口惜しいくらい本当に素敵なストーリーでした
登場する生き物たちが、欠点も含め、というか欠点がちゃんとあるからこそもれなく魅力的で
彼らの行動が、やがて一つの結末へと収束していく
最後の飛行おにの気持ちを想像すると、なんだか切なくて泣きそうになってしまいます
全然、ちゃんとハッピーエンドの、大団円なのに



新装版 ムーミンパパの思い出 (講談社文庫)

新装版 ムーミンパパの思い出 (講談社文庫)

今日読んだのは、「ムーミンパパの思い出」
ハリーポッターシリーズにおける親世代編みたいなもの
ムーミントロール、スニフ、スナフキンの父親たちの冒険譚を、その息子たちが知るのだけれど、自分の父親の有様を仔細に聞きたがる彼らがかわいくてもう…
特にスナフキン! 自由を愛し何物にも囚われない孤高なイメージを勝手につくっていたので、本作での彼の様子は、端的にいうと「萌え〜」です



挿絵も、なんともいえない味わいがあって大好き
まだあと6冊もあるなんて、幸せです
後半の作品は作風が少し変わってくるらしいので、それもたのしみだな



余談
スナフキンといえば、伝説のダ・ヴィンチ
加瀬亮スナフキンに扮するなんて、サブカル女子を殲滅させようとしているとしか思えない神企画、検索したら2005年12月号でした
えっ、11年前?!
まじか…という気持ちです そんな前か…

風の音がやまない

murmur

ごく稀にTwitterで独り言をつぶやくし、ごく稀にブログに文章を載せるし、メールでも、顔を合わせての会話でも、日々あまたの言葉を扱うけれど、どれもしっくりこなくて
20代も後半になって、いつまでも10代の迷える若者と同じような悩みを大事に抱えていてもしょうがないのはわかっているのに
感情を、言葉になる前の感情を、できるだけそのまま表せる言葉をずーっとずーっと、探している
いつまでも座りが悪くて、楽になれないのは、そのせいかなあ

卒業、笑顔、失ったものと得たもの

mcz

年末年始のももクロちゃんの話
長文ですが、全て弱小ファンの個人の意見です
ももクロちゃんが尊敬するさださんも言っています
「意見には個人差があります」

続きを読む

また新しい冬がくる

murmur amnos

はてなって、もうダイアリじゃないんですね、みなさんブログを使っているんですね
でも、これまでの記事と、かつて付けていただいた大切なおほしさまたちをそのまま移行する方法がわからないから、ダイアリ使い続けます
急にサービス終了とかしないよね? それだけがこわいです



春から年中臥せっているような生活をしながら、それでも久しぶりに一般的にいうところの風邪というやつに罹り、心身の健康がどれだけ得難いことか…とここ四日ほど実感しています
世界規模で薄ら寒い出来事が起こっている中で、何を言えるでもないので、語りえぬことについては沈黙を、と自分に言い訳をして、いま好きなものについて記しておきたい
だって、ねえ、いろんなことが、すぐに形を変えてしまうから



いま好きなもの、嵐
もう、長いこと好きだなあ〜と、思います 新しいアルバム『japonism』、とっても格好いい! さくらい先輩のラップがキレッキレで最高です あと、ヘッドホンで聴くとラップの声音がセクシーで恋に落ちそうになる
2011美しい世界→2012ポップ→2013愛→2014デジタルとヒューマン…ときて、2015日本 五輪まで丁度あと5年というタイミングも、きっと意味があるのだろうなと思いながら受け取ってしまう
5年先って、なかなかビジョンを描いて生きていけないけど(個人的にはむしろそれを意図的に放棄しつつある)、この人たちはもう、「せざるを得ない」んだろうなあ…と、想像するだけでふるえます
自分の中で、2012アラフェスからが嵐の幕開け第三章だと思っているのですが、なにがあろうと5人で立ち続けるshow must go onな人たちを、これからも微力ながら応援し続けていきたい
で、自担はにのみやさんなんですけど、それはもう不動なんですけど、あの…あいばさんってめっちゃかっこよくないですか?!?! 上で、さくらい先輩のラップをヘッドホンで聴くたび惚れるて書きましたけど、あいばさんに関しては、見るたび惚れます
どうしたらいいですか?(あすみさん、26歳からのおたより)



いま好きなもの、ももクロちゃん
絶対アイドルあーりんが、2015年11月19日、長き黒髪を30センチ以上切った姿をファンにお披露目しました
控えめに言って、大天使です
ももクロは、面白いです 追いかける甲斐がある面白さ 全力、というキーワードは確かに当てはまるんだけど、なんだろう…平均年齢がハタチを超えたからか最近聞かないですが以前はよく高校球児に喩えられていて、甲子園が好きな人たちには刺さるんだとか言われてましたけど、まったく真逆の、甲子園ってどういうしくみ? っていう私みたいなオタクにも求心力があるし…5人を好きになる、そうすると好きになってよかったと思える事が起こる、っていうプラスのエネルギーがある…そんなふうに感じます
で、これも、推しは揺るぎなくあーりんなんですけど、嵐が好きで且つにのあいが好きな人…ももたまいコンビ絶対好きだと思う!!!! 伝説の「ぼくがいっぱいほめてあげます→耳真っ赤やんけおまえ…」の、生き写しみたいな画像、あるんですけど、出します? 載せます? もう、ほんま…オタクでよかった
すみません、嵐でよかったみたいに言ってすみません



あとは、ちょいちょい舞台などを観に行って、表現しうる人への憧憬を日々強めています
今が一番だって、わたしも言いたい それって、過去ごとすべて肯定できるってことだと思うから



Twitterもひとりごとにしか使えないし、はてなもいつの間にかジャニーズのグループが一大勢力になってるのに乗り遅れるしで、もう筋金入りのぼっちですが、これからおほしさまつけにこっそりうろつきたいと思います
では、ドロン

9月15日と16日に寄せて

amnos

さみしい、を埋めるための方法を(それは時に自分の内面の形を変えることであったり、または他者の思惑を利用するものだったり、さまざまな方法がある)こんなにたくさん持つ日が来るとはあのころ到底思えなかった



私はかつて孤独では全然ないのに孤独だとすっかり思い込んでいたし、
今では孤独である瞬間にも孤独ではない人間として振る舞うことができる



年齢を重ねることについて、自分が変容することについて、それでもひとつの脳を使い続けることについて、まだ不思議さを感じています
きちんと毎月報酬を貰えるだけの労働を、なんとかこなしていると認められている自分と
思春期の子供だったころのような青臭い空想を捨てきれない自分と



平凡な生活をしていても自我について葛藤はある
特殊な15年間を送ったこの人たちの苦労は果たしてどれくらいでしょうと
平凡なサラリーマンのような格好をして、土曜ゴールデンタイムのバラエティに出演している嵐をみてついつい考えてしまう最近です



リーダーが書いた「支えてくれた皆様」という150万人以上を指す言葉の一人として
これからも応援しつづけたいなと思っています
さくらいさんもこのタイミングでLet's get onって云ってますしね( ´ ▽ ` )ノまだまだ世界はおわらなーい



15周年おめでとう!
まずはハワイでのコンサート2日間が無事に成功しますように…!☆★☆



そしてわたしはライブビューイングのチケットを確保できますように…!( •́ .̫ •̀ )