ともしび

嵐 ももいろクローバーZ がすきです その他日々のできごとについて Twitter @asumixxxamnos

KAJALLA#2 『裸の王様』を観ました

作・演出:小林賢太郎のコント【カジャラ】を観てきました。行ったのは全41公演の最後、大千穐楽です。
楽しかったー。

 

 

小林賢太郎さんをステージで拝見するのは、2011年に『うるう』を観劇して以来です。その時も、今回も、決して近い席ではありませんでしたが、小林さんの身体の動きかた、声が響くさまが、わたしにとってはまずそれだけで、とても魅力的にうつるなあ、と惚れ惚れしてしまいました。もちろん、他の4人の出演者の方々も、筋肉とか、体格とか、体型とか、声質とか、顔とか、自分のもちあわせているものを表現のために存分についやしている感じが、観ていてとっても心地よかったです。コントに、心地よいなんて表現は、おかしいかもしれませんが。生の舞台を観るのが久しぶりだったので、しみじみそんなことを感じてしまいました。

「理不尽選手権」くらいから、舞台上のダイヤルに、観る自分のダイヤルを合わせられた気がして、そのあたりから没頭できたかな。
個人的に好みなのは「考えてしまう人」です。ああいうの好きー。

 

コアなファンの方々が、もっといろんな感想を持てるのがうらやましいです。

わたしは一度観ただけだと漠然とした満足感しか得られないなあ。自分のポテンシャルの問題。もっとシャープな感性を持てたら。

でも、芸術に執着するのはとても楽しい。

 

終演後、#1のBlu-rayを購入しました。